下取り価格より高いです

中古車相場はディーラーの下取り価格より高いです

下取り価格より高いですほとんどの場合、ディーラに車の下取りを依頼すると、ネットなどで出ている中古車相場より低い価格の提示をしてきます。
ネットに出ている数字は過去の売却事例なので、価格が時間の経過ととも下がる中古車価格の基準値としては適切ではないのですが、いまひとつ納得いかないものがあります。
しかし、現実に買取業者の査定価格より低いことは間違いありません。
これは、ディーラー自体が中古車オーションに持ち込むことが多くなく、業者への転売が多いことが原因です。
当然中古車相場より低いことは当然です。

ただし例外として、あまりに古い年式だったり走行距離があまりに長いものは、買取業者も敬遠して査定価格を出さないのですが、ディーラーは値引きという意味も込めて下取り価格を提示します。
価格自体は1万とか5万という低い金額に過ぎませんが、ディーラーの取扱車種であればご愛顧御礼という意味合いもあるのです。

ディーラーが下取りをした車は、業者へ転売する以外にも、自社系列の中古車センターで販売するケースもあります。
特に、自社系列のメーカーの車で程度の良いものについては、業者へ転売するのではなく、自社系列の中古車センターで販売することが多いです。
そのため、低いと言われている下取価格も、程度がよく高価格で販売できる見込みがある自動車であれば、案外高い価格が付くことが多いです。

最近では、ネットで中古車相場の検索ができるようになったので、ディーラーにもこの数字を提示して下取価格の引き上げを求める人が増えています。
しかしディーラーの多くは、本部の支店としての位置づけにあり、査定価格の水増しはできないことが普通です。
そのため、一般的にはこのように粘るお客に対しては、値引き幅を大きくしたりすることで対応します。

ディーラーの担当者の中には、買取業者の知り合いがいるケースがあります。
担当者によっては、中古車相場をこの知り合いに確認したうえで、自社で下取りするのではなく買取業者に買取させるという場合があります。
もちろん就業規則に違反することですから、ばれると大変なことになります。
そのため、相手が相当のなじみ客で口が堅いということがわかっていない限りこのようなことはしません。
しかし、車種によっては結構価格差があるため、お客にとってはメリットが大きいのです。
これだけで、他車種との競合をしていた人が、あっさりと自社に決めてくれたというケースがあります。

中古車の相場ってどのくらい?
Copyright© 2014 中古車の相場ってどのくらい? All Rights Reserved.